実は自分が思っているほどいい笑顔じゃない現実

2019年4月8日 at 08:51

神楽坂のビジネス整顔セラピスト:龍福聡子です。

私の住んでいる地域はもうすぐ選挙があるので、いろんな候補者のチラシやパンフレットがポストに入っています。


で、チラッと見て思うこと。

この顔じゃダメでしょ~!


と言っても、イケメンじゃないからダメなんじゃなくて、笑顔と表情がアウトなんです。


笑ってない硬い表情は真面目さを表現しているのかもしれませんが、親しみを持ってもらえません。

口角が下がったままとか、表情が硬いまま笑うと引きつって、かえって変です。

あれ、写真撮る人とかメイクさん、スタッフの人とかなんとかしてあげないんですかね?

主義主張は賛成したいのに、顔で受け入れられないなんてことがあったら残念すぎます。






写真は残ります。

免許証、身分証明書もそうですが、多くの人に見られる写真、例えば名刺やホームページのプロフィール写真、チラシやパンフレットなど、第一印象が勝負の写真は表情と笑顔に細心の注意を払ってくださいね。

ホントは心優しいのに、冷たい人だとか胡散臭そうと感じられたらもったいない!


逆に言えば、少々人物に難ありでも、写真しだいでは好印象になるということです。

「人は見た目が9割」という本がありましたが、実際に会ったことのない人は見た目の第一印象で判断されることが9割。これは本当ですよ。


スッキリした小顔、そしてビッグスマイルでいらるようお顔をふだんから整えておきたいですね。



◆トリニティの営業日とご予約状況はこちら

◆ご予約・お問い合わせはこちら


*不定期で営業しています
*女性もいらしてね


☆LINE@やってます☆ 
お得な情報をときどき配信してます。LINEトークもできます