カルティエの三連リングをサロン名にしたわけ

2019年3月22日 at 09:14

神楽坂のビジネス整顔セラピスト:龍福聡子です。

サロン名のトリニティですが、「三つ重なった」という意味です。


カルティエ(Cartier)の不朽の名作、トリニティ(Trinity)は3つのゴールドリングが重なり合うエレガントなジュエリーコレクションですよね。







愛を象徴するピンクゴールド、忠誠を表すイエローゴールド、そして友情を表すホワイトゴールドからなる三連は、深い愛と絆の象徴です。



カルティエの三連リングのように、みなさまの「身体の外」「身体の内」そして「心」の三つがバランスよく整い健康で美しく過ごせるお手伝いができたらという私の想いを込めて「トリニティ」と命名いたしました。


この三つのがそろった時きっとビジネスでもプライベートでも欲しいものがきっと手に入るのだと思いますよ。


さあ、お顔を整えて、あなたの欲しいものをゲットしましょう!





このカルティエのリングですが、私が若いころ、いわゆるバブルのときは三連のトリニティが大人気で男性からのプレゼントの定番でした。

女子学生でもけっこう持ってました。


最近はこちらのLOVEリングの方が人気がありますね。





なので、アラフィフ以上の方にプレゼントするなら三連リングのトリニティ、40代より若い方にはLOVEリングが喜ばれるかと思います。


リングの形は好みですからさりげなく確認したほうがいいとは思いますが・・・


パートナーとのペアリングも素敵ですよね~。

私は仕事柄、指輪をつけないのでちょっと憧れます。




トリニティには別の意味もあって、キリスト教では「父と子と聖霊」の三位一体を表しますが、サロンに宗教的な意味は一切ありません。

あ、神社仏閣めぐりは大好きですよ。


ビジネス整顔セラピスト:龍福聡子でした。


◆トリニティの営業日とご予約状況はこちら

◆ご予約・お問い合わせはこちら


*不定期で営業しています
*女性もいらしてね


☆LINE@やってます☆ 
お得な情報をときどき配信してます。LINEトークもできます