ボヘミアンラプソディを観てきました

2018年11月26日 at 08:05

神楽坂のビジネス整顔セラピスト:
龍福聡子です。

先日夫とボヘミアンラプソディを観てきました。





夫はクーインが大好き。

というより、フレディの大ファンです。


フレディを天才という彼は
カラオケでもクイーンを熱唱します。


我が家にあるクイーンのCDは
30年前、当時夫が駐在だったアメリカで
買ったものです。




映画を観た後、久しぶりに聴きました。

圧倒的な歌唱力でやっぱりすごい!

フレディは天才だわ~。



映画館には当時のクイーンを知る年代から
若い人までいろんな年齢の人がいました。


当時を知っていても知らなくても
感動する映画です。

成功も挫折も喜びも孤独もなにもかも、
そのエネルギーがすごいです。

私は途中も最後も泣きました。




フレディは音楽で成功しても孤独でした。

それは彼がゲイということも
関係していたのだと思います。


現代ではLGBTも含め同性愛は
社会に認められつつありますが、
当時は完全に差別の対象でした。


そしてメンバーとの対立、独立。


フレディの人生がハードなものだったのは
彼の表情がいつも硬かったことから想像できるんです。


いろんな写真や動画を見ても、
フレディが微笑んでいる表情というのは
ほとんどないんです。




でも映画の最後では家族ともメンバーとも和解。

そして最愛のパートナーとの出会い。

なんかいいな~。



この映画俳優がマジみんなそっくりです!

まるでドキュメンタリーを観ているような
この映画、超オススメです。

特にフレディ役のラミ・マレックは秀逸!

鳥肌ものです。


俳優ラミ・マレックが〈クイーン〉フレディになるまで/映画『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像



◆トリニティの営業日とご予約状況はこちら

◆ご予約・お問い合わせはこちら


*週一回おもに水曜日にでやっています
*女性もいらしてね


☆ツイッター始めました☆ @sara_kogao