噛み合わせ治療の後アゴの調子が悪い

2018年7月25日 at 21:31

神楽坂のビジネス整顔セラピスト:龍福聡子です。

先日は顎関節症の方が続きました。


お一人は一年半前に歯の
噛み合わせ治療をしてから
顎関節症がひどくなったということでした。


「医者はもう治すところはないと言っていますが、
アゴの調子は悪いままです。
何軒も歯科をまわってみましたがダメで
最近は味覚までおかしくなっているんです」


ツラいですね。


歯の噛み合わせ治療をしたら
かえって顎関節症がひどくなったというのは、
実はよくある話です。






歯の位置と高さだけ合わせても、
側頭骨と顎関節のバランスが悪いままだと
痛い、ロックされた感じ、
開けづらいなどの不快症状が残ったままです。


噛み合わせ治療をするときは
顎関節のバランス調整も
一緒にやった方ががいいと思います。



歯を抜いた時も同じような
不快症状がひどくなる場合があります。


歯医者さんは歯の専門家ですが、
頭蓋骨、顎関節のことは
意外と知らないものです。


ビジネス整顔整顔は
アメリカの顎関節症の治療メソッドでもある
ハリウッド式小顔整顔を
応用した施術です。

ずいぶん楽になりますよ。


アゴのトラブルのある方は
一度いらしてみてください。





【トリニティの営業日】
《8月》
8/1(水)8(水)15(水)22(水)30(木)

*週一回おもに水曜日にでやっています